ものすごく後悔した、今朝の出来事。

ものすごく後悔した、今朝の出来事。

ものすごく後悔した、今朝の出来事。

夏休み恒例のラジオ体操へ出かけるべく、朝からバタバタする毎日を過ごしている今日この頃。
今朝も子供達はやっぱり起きて来ないので、何度か起こしに行き、急いで着替えをさせて出かける準備をしました。
おなかがすいていてはかわいそうかと思ったので、長男の着替えが終わるのを待っている間に、
次男にフルーツジュースを飲ませ、長男の着替えが終わったので口をゆすいで急いで靴を履いて出かけました。
朝7時から始まるラジオ体操。集合場所までは子供の脚だと5分くらいかかります。
長男が小走りで向かったので、次男もそれに続いて走ります。
集合場所までの道は車もよく通るため、私も一生懸命ついて行こうと走りました。
集合場所まであと50mくらいの所で、次男が走りすぎたせいか少し咳をしました。
と、次の瞬間。
次男が先ほど飲んだジュースを吐いてしまいました。
私はそれを見て「なにやってんのー!!」と叫び、急いで家へ戻ろうと次男を歩かせました。
泣きながら歩く次男。
私はただただ早く帰ってシャワーを浴びさせようと必死でした。
「大丈夫?」の一言も言わず。

 

帰宅してシャワーを浴びさせ、服を着替えさせました。
そしてふと、次男の体を不じてやれていなかったことに気付きました。
出かける前にジュースを飲ませたのは私で、
時間に間に合わずに叱り付けて、走らせて、吐かせてしまったのは私のせいじゃないかと。
なのに、次男に「しんどかったね。大丈夫?」の一言すらかけずにいたこと。

 

子供が泣いている時に寄り添えない自分に、本当に後悔してしまいました。
これまでも何度かこういう場面に遭遇しているのですが、
毎回後悔するような行動しかできない自分の成長のなさに、情けなく、
また、自分のような下に生まれてきた子供達をかわいそうにすら思ってしまいます。

 

これから先、子供達を幸せにしてあげられるのでしょうか。
子供達が私のように育ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

 

後悔や不安は尽きないですが、
家族だからこそ思いやりや優しさを持って、大切にしていきたいと、改めて心に誓ったのでした。

ホーム RSS購読 サイトマップ