旦那よ

旦那よ

旦那よ

旦那は収入が少ない分、夜勤を増やして頑張ってくれている。帰ってきて、子守もそこそこで眠ってしまうこともあるけれど、まぁ我慢できる。
けれど、毎日毎日子育てに家事がほとんどだと、私も1人の時間が欲しくなる。決して、子育てが嫌という訳ではないが。
旦那が同期会とか地元会と言って飲みに行ったり、スノボへ行ったりするのを見ると、羨ましくなる。
子育ては協力するものなのでは?という問いかけに、間があった時はイラっときた。協力には力は何個あるかと聞いたら3個と答えた。ばかやろう。
4個だよ。私はきっと3つの力を出してるけどあなたは1つだけね。とグチったけれど、どれくらい心に響いたかは不明だ。
温泉に行った時、月に1回は行きたいと言ったら快く了承してくれた。
がしかし、最近ここに行きたいと話したら、今月は結構使っちゃったからなーと。つまりは外出、外食は控えたいということか。ならば、今度にしようと言って円満に終わらせた。
なのに、同期とスノボへ行くと言ってきたのだ。温泉はだめだったのに何故と聞いたら、これは自分の貯金から出すしー。との返し。
出すしーの語尾にもイラつくけれど、それより、温泉の話し時は給料は少ないけど、貯金があるから行こうという気にはならなかったのか?たしかに、私も断ったが前向きな方に話を進めることもしなかったのにイラ立ちはマックスになった。
このイライラ小さいことなんだろうけれど、チリも積もれば山となるだ。
旦那よ、簡単に言う。私を労われ。

ホーム RSS購読 サイトマップ