お金をかけずにキレイになる方法

お金をかけずにキレイになる方法

お金をかけずにキレイになる方法

10代の頃は、顔がパンパンだった。
なので、美容室にいくと、髪を切る時につけられるケープを首回りに巻くと、それがさらに目立った。

 

 

美容室は、男性の美容師もいるが、女性の美容師が多く、「なんてデカい顔+と笑われてる」
と、妄想していた。それからしばらくしてから、痩せる石けんとか、塗って痩せるとダイエットブームがきて、雑誌にマッサージ法とかが載っていた。

 

 

雑誌にこの化粧品で効果あったなどと、紹介される化粧品は、どれも高額な物ばかりで、そればかり買うことも大変だった。

 

 

さらに私は、敏感肌なのか、顔とか身体にワケのわからない物を塗るとかぶれてしまい、新しい化粧品が出ては皮膚科に通っていた。

 

 

なので、痩せるグッズを東急ハンズで買いあさりいろいろためしたことがあるが、入浴中に顔につけて入るマスクとか、とてもじゃないが他人に見られたくないような、レジに持って行くことも抵抗かあるようなグッズもあった。

 

 

手頃な値段で試せたものは、テレビで紹介されていた、ほっぺアップロールというグッズで、ローラーで顔を挟みコロコロと転がすと、顔の筋肉がマッサージされるというものだった。

 

 

最初のうちは、気持ち良かったが、途中から、効果が実感出来ず、やめてしまった。

 

 

その後、雑誌に載っていた顔痩せのツボを毎日刺激するようにしたら、まわりから肌キレイ。と誉められるようになった。

 

 

その方法は、眉頭をひまな時にぐぅーっと下向きに押すようにすると、気持ちいいので、私は、その方法を知ってからずーっとこの方法で、毎日顔をマッサージしている。

 

 

高い化粧品なども必要ないし、いつでもどこでも出来るところが気に入っている。

ホーム RSS購読 サイトマップ